増大サプリってほんとに効くの?

「増大サプリって、ほんとに効くの?」
と思っている人、多いんじゃないでしょうか?
自分も増大サプリを使う前は、そう思っていたところもありました。

 

自分の場合は、ゼファルリンを実際に使ってみて、1センチあまりではありますが、
ペニスが大きくなりましたので、その疑いはもう解消しています。

 

でも実際の話、ここ数年で、増大サプリの効果は、
飛躍的にアップしているとのことなんですね。

 

効果アップの理由は「シトルリン解禁」

増大サプリは、たしかに一昔前までは、あまり効果がないものも多かったみたいです。
もちろん、効果がある増大サプリもあったようですが、それは全体の一握りで、
あとは眉唾ものの物ばかりだったとか。

 

それが変わったのは、2007年のことだそうです。

 

今ではほとんどすべての増大サプリに含まれる「L-シトルリン」が、
解禁になったからだとのこと。

 

L-シトルリンは、それ以前は医薬品としてのみ認可されていたそうです。
それが2007年からは、サプリメントとしても認可されるようになったんですね。

 

このL-シトルリンが、ペニスの増大に大きな効果があり、
今ではほとんどの増大サプリに含まれるようになっているみたいです。

 

そのため増大サプリは、「基本的に効果がある」ものになり、
あとはその効果の大小が問題になるようになっているようです。

 

増大サプリはシトルリン以外の成分をよく見て選ぼう

それでは増大サプリの効果の大小が何によって決まるかといえば、
やはり「シトルリン以外にどのような成分が含まれているか」になるようです。

 

シトルリンのペニス増大効果をうまく活かし、相乗効果を起こせるような成分が、
配合されていうかどうかが決め手になるみたいです。

 

シトルリンはペニスを活性化させ、
ペニス増大の引き金を引く効果があるそうです。

 

ただし実際にペニスが増大するためには、
海綿体細胞が増殖してくれなくてはいけないので、そのための栄養素が必要ですよね?

 

なので増大サプリには、どのような栄養成分が含まれているかが大事になるそうです。

 

シトルリンしか含まれていないような増大サプリは、
やはり効果はそれなりになるみたいですね。