増大手術にかかる費用はどれくらい?

ペニスを増大するには、ゼファルリンなどの増大サプリを使うほかに、
クリニックなどで増大手術を受ける方法があります。
この増大手術の費用がどのくらいになるのかを、ここではまとめてみました。

 

でもいずれもかなり高額で、目の玉が飛び出るかど思うほど、、、

 

正直、増大サプリで十分大きくなるのですから、
ここまで費用を掛ける必要はないと思います。

 

亀頭増大法

亀頭増大法は、増大手術としては一番簡単で、失敗の可能性もまずないようです。
包茎手術とセットで受ける人も多いみたいです。

 

亀頭に薬剤を注入し、亀頭だけを大きくする方法なので、
ペニス自体の長さは、べつに長くなるわけではありません。

 

ただ亀頭が大きくなればペニスの見た目が立派になるので、
コンプレックスなどはかなり解消されるということだと思います。

 

亀頭増大法の手術費用

亀頭増大法は、手術費用自体は、10万円くらいが相場です。
ところが注入する薬剤が、かなり高額になるのだとか。

 

薬剤の性能により、アンプル1本、5万円〜15万円まで幅があります。
しかもこれを、1本打てばいいわけではなく、
亀頭をきちんと大きくするためには、2〜12本、打たなければいけないとか。

 

なので最低10万円、最大だと180万円になるわけですよね?

 

さらに亀頭増大法は、効果が発揮される期間が限定されます。
薬剤が体に吸収されてしまうため、時間が経つと、
亀頭が元の大きさに戻ってしまうのだそうです。

 

薬剤がどのくらいの期間、効果を発揮するかは、薬剤の性能によるようです。
安いものだと半年程度、高いものでも1年半ほどで、体に吸収されるとか。

 

ですから亀頭増大法は、効果がなくなったらまた同じだけの費用をかけて、
手術を受けないといけなくなるというわけです。

 

それを考えると、費用はほんとに莫大ですよね?

 

脂肪吸引法

脂肪吸引法は、太った人限定の増大手術です。

 

太った人は、下腹に脂肪が溜まっていますよね?
それにより、ペニスがめり込んでしまって、
ペニスの見た目の長さが短くなっているわけです。

 

脂肪吸引法では、下腹の脂肪を吸引することにより、
外に出たペニスの長さを長くするという手術方法です。

 

この脂肪吸引法、だいたい20万円〜40万円くらいが相場になるみたいです。

 

長茎術

長茎術は、文字通りペニスを長くする手術方法です。

 

ペニスは、外に飛び出ている部分だけではなく、体内にもつながっているのだとか。
体内のペニスは、骨盤と靭帯でつながっているそうです。

 

長茎術は、この靭帯を一度切断し、ペニスを前に引っ張りだした上で、
また縫合する手術方法みたいです。

 

これはかなりの大手術で、失敗して縫合が切れ、
ペニスが上を向かなくなってしまうなどのこともあるのだとか。

 

手術費用は、30万円〜60万円が相場みたいです。